― 初めての方におすすめ!―

ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ジュレッタ たっぷりパック

ジュレッタ たっぷりパック

通常価格
¥3,740
販売価格
¥3,740
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

愛犬愛猫がおいしく水分補給するためにペット栄養管理士が開発した手作りゼリーの素です。

個包装の商品と違い、大袋に入っているタイプのものになります。
オプションで計量スプーン(小さじ)の有無を選んでください。

※注意※
在庫状況によっては、こちらのたっぷりパックではなくスティック包装タイプのものをお届けする場合がございます。(たっぷりパック1袋=スティック包装12本分と同量)
あらかじめご了承くださいませ。

肉食動物であるがおいしく感じる味付け、噛みごたえを追求した新しい食習慣です。
また、雑食動物でありながら肉食動物に限りなく近い食性を持つ犬にも強くおすすめします。

いつものフードに添えて食べることで、より楽しいお食事になるだけでなく、体の中からうるおう健やかな身体作りをサポートします。便秘や膀胱炎でお悩みの犬猫に水分摂取量を増やすおやつとしても与えられます。ウェットタイプのおやつは夏バテで水を飲まない、ご飯・食べ物を食べない犬猫への対策としてはもちろん、寒さによって水をあまり飲まない犬猫たちにもぴったりです。
おやつの置き換え、ごはんのかさ増しなど肥満気味の犬猫のダイエットにもおすすめです。

  • ドライフードを食べている愛犬愛猫に
  • 毎日の水分補給に
  • おしっこが濃いコに
  • 尿石や膀胱炎が心配なコに
  • ダイエットをしていて、ヘルシー・低カロリーなおやつを探しているコに
  • 柔らかいおやつ・フードを食べたい高齢猫・高齢犬に
  • 水分不足からの便秘が心配なコに
  • 下痢・軟便の症状で脱水が心配なコに

水分含有率95%。
程よい噛みごたえで、お食事の満足感も得られます。

与え方

小さじ2.5〜4杯のGellettaで4食分のゼリーができます。(適量はフレーバーにより異なります)
1食あたり約50gの水分が取れます。
冷やしてゼリー状で与えても、常温〜ぬるま湯の温度でスープとして与えてもよいです。

  • ふだんのお食事に添えて
  • 低カロリー・ヘルシーなおやつとして

作り方

Gellettaを90℃のお湯(200cc)に溶かすだけでできあがり♫
フレーバーにより適量が異なります。

4食分のゼリーを作るには

  • チキンとレッドは小さじすりきり4杯
  • ヤギミルクは小さじすりきり2.5杯

に対してお湯200ccを注いでください。

 

 原材料について

肉食動物の食性を持つ愛犬愛猫が多く必要とする栄養素、タンパク質であるゼラチンを上質なフレーバーが香る原材料で味付けしました。

ゼラチンは動物の骨や皮膚に含まれるコラーゲンから抽出されたもので、食物として取り込むことで皮膚や骨、軟骨、腱などの結合組織の素材になります。
ツヤのあるふわふわの毛、健康な皮膚、若々しい関節に欠かせない栄養素です。

チキン

香ばしいチキンエキスを使用。
食欲を刺激する良い香りが広がりますが、香料は全く使用していません。

【原材料】

ゼラチン(牛由来)、チキンエキスパウダー、デキストリン、ビタミンE

【産地など】

ゼラチンは牛由来で、国産です。
チキンエキスは国産で、原料となる鶏はEU産です。
ビタミンEは酸化防止のために配合されています。

かつお

日本人に馴染み深いかつおぶしの香りが立つフレーバー。
華やかな香りが広がりますが、化学調味料、香料は一切入っていません。
高品質な素材のそのままの風味です。
お魚好きのコにおすすめです。

【原材料】

ゼラチン(魚由来)、カツオエキス、デキストリン、かつお節抽出液

【その他の情報】

ゼラチンは魚由来で、国産です。
化学調味料、蛋白加水分解物、酵母エキス無添加。


ヤギミルク

ヤギミルクを贅沢に配合。
猫が好む脂質の香りで、食いつきが良いです。
チキンアレルギーのコにおすすめです。

【原材料】

ゼラチン(牛由来)、ヤギミルク

【産地など】

ゼラチンは牛由来で、国産です。
ヤギミルクはオランダ産です。

たい


高級魚たいの上品な甘さが味わえるフレーバー。
淡い黄白色のゼリーになります。
たいはペットフードに使用されることはあまりありませんが、事前モニターでは大人気でした。


【原材料】

ゼラチン(魚由来)、タイエキス、デキストリン、食塩、昆布エキス、ビタミンE

【その他の情報】

ゼラチンは魚由来で、国産です。
鯛は国産、昆布はロシア産です。


レッド

チキンをベースに、天然アスタキサンチンを配合。
アスタキサンチンは抗酸化作用が高く、イクラやエビ、カニにも多く含まれる天然の色素です。
ほんのり赤く、アスタキサンチン独特の磯の香りが食欲をそそります。

【原材料】

ゼラチン(牛由来)、チキンエキスパウダー、デキストリン、ビタミンE、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)

【産地など】

ゼラチンは牛由来で、国産です。
チキンエキスは国産で、原料となる鶏はEU産です。
ヘマトコッカス藻(アスタキサンチン含有)は、ブルネイで培養された後、国内にて抽出・加工処理を施しています。

毎日与えても良いの?

はい、毎日与えても全く問題ありません。
水分は代謝必要不可欠な成分で、体内の水分は毎日入れ替わります。
積極的な水分ケアをおすすめします。

1日に必要な飲水量は、体重1kgあたり猫は25cc、犬は50ccと言われています。※1
つまり、体重4kgの場合、猫は1日100c、犬は200ccの量です。
Gelletta(ジュレッタ)は1食あたり50gを目安に与えることで、必要な水分量をおいしく摂取することができます。

毎日食べてほしいからこそ、塩分カロリーはできるだけ低く抑えてヘルシーにしました。

  • 塩分濃度0.1〜0.3%
  • 1食分(約50g)3.8〜5kcal

対象となる猫、犬

  • 離乳が完了している犬猫(ゼリー状で柔らかいので、子猫・子犬から高齢猫・高齢犬までOK)
  • 健康な犬猫はもちろん、膀胱炎、尿石症の猫もOK
    ※ただし、腎臓病などの理由で病院でタンパク質摂取制限を指示されている犬猫に与える場合は、獣医師にご相談ください。

安全性に配慮した犬猫用おやつ

香料、保存料、人工着色料などの添加物は一切使いません。
人間用の食品素材を原料に選んでおり、安全性に配慮しています。

高齢猫・高齢犬向き柔らかいおやつ | フード・食事に添えてもOK

ジュレッタはゼリー状で柔らかいので、高齢の愛猫・愛犬のフード・おやつにも向いています。
とても柔らかく食べやすいうえに食欲をそそる風味なので、高齢のコたちでも食べやすいです。
いつものおやつ、ウェットフードなどの食事に添えて与えてもいいですし、スープとして与えても良いです。

ダイエット中の犬猫にも | かさ増し用おやつとして与えてもOK!

ジュレッタは1食分で3~5kcalととても低カロリーでヘルシー
香り・食いつきが良く、いつものフードに添えるだけでダイエット中のワンちゃんネコちゃんのフードをかさ増しできます。

便秘が心配な犬猫のおやつ | フードに添えてもOK

犬猫の便秘にはさまざまな原因がありますが、水分不足な食事により便秘になるケースがあります。
ヒトと同じく、犬も猫もからだの60〜80%は水分で構成されており、健康維持のために適量の水分補給は必須です。
おやつやいつものフードに添えて、便秘に悩む愛犬愛猫にあげてみてください。水分含有率95%かつ程よい噛み応えもあり、きっと満足してもらえるでしょう。

下痢の犬猫の水分補給用おやつ | フードに添えてもOK

下痢を起こすと、一時的に体内の水分が過剰に失われてしまい、脱水につながります。
もちろん、下痢の症状が酷いときに多量の水を飲ませるべきではありませんが、ある程度元気があり落ち着いたようであれば、脱水を防ぐために水分補給させましょう。
ジュレッタは水分含有率95%で柔らかく、下痢を起こした犬猫でも消化しやすいので、おやつやいつものフードに添えてあげてみてください。


低カロリー・ヘルシーで犬猫の健康維持にも良いおやつ

ジュレッタは、低カロリー・低塩分でとてもヘルシー。毎日食べても健康維持できます。また、香料、保存料、人工着色料などの余計な添加物は一切使っていない無添加のおやつです。

「愛犬愛猫におやつを食べさせてあげたいけど、毎日食べさせてしまうと健康や体型が心配...」という方におすすめの低カロリー・ヘルシーなおやつです。

小分けできる便利な犬猫用おやつ

ジュレッタは、袋ごとに小分けになっており保存しやすいです。また、1包で約4食分作れます。
調理後は冷蔵庫の中で保存し、3日以内に食べきってください。


開発者のこだわり

Gelletta(ジュレッタ)は、開発者本人の愛猫のために作られました。
うちのコに毎日食べさせたいものをつくる
その思いに反するものは一切入っておりません。

ジュレッタ開発者の愛猫、こんぶとみかん。

なぜゼリーなのか

猫の宿命とも言える下部尿路疾患(膀胱炎尿石症腎臓病など)の予防には、毎日の水分補給が大事です。
猫の祖先は砂漠の生き物ということもあり、お水をごくごく飲むということはまれです。
野生の猫は、捕まえた小動物をまるごと食べることで水分を摂っていました。
(小動物の体内の6割は水分

リビアヤマネコの写真・イラスト素材一覧(1,810件) | ストックフォトのamanaimages PLUS

つまり、ドライフードを食べている現代の猫は、慢性的な水分不足の状態にあるということです。
そこで猫が「自分からすすんで食べたがるお水」を作ることでこの問題が解決できるのはないかと考えました。

試行錯誤を繰り返し、出来上がったのがGellettaです。

  • 栄養学に基づき必要な栄養素を見極め、余分な成分は入れない
  • 適量のお水を摂取することで健康を維持する
  • 犬猫の生物学的特徴に合わせた形状、粘度を追求

「わんちゃん猫ちゃんにもっとお水を

シニア猫の7割がかかるという腎臓病の予防には、適量の水分補給が欠かせません。
そして猫だけでなく、ストルバイトなどのおしっこに関係する病気にかかる犬も多くいます。
しかし、愛犬愛猫と一緒に住んでいてもそれを知らない方はまだたくさんいます。
Gellettaを知ってもらうことで、生き物とお水の切っても切れない関係を知ってくれる人が少しでも増えることを願っています。

商品詳細

原材料 カロリー
1食分
塩分濃度
チキン ゼラチン(牛由来)、チキンエキスパウダー、デキストリン、ビタミンE 5kcal 0.3%
かつお ゼラチン(魚由来)、かつお節エキス粉末(かつおエキス、デキストリン、かつお節エキス、食塩、かつお節粉末) 3.8kcal 0.3%
ヤギミルク ゼラチン(牛由来)、ヤギミルク、デキストリン 4.5kcal 0.1%
たい ゼラチン(魚由来)、タイエキス、デキストリン、食塩、昆布エキス、ビタミンE 4.5kcal 0.3%
レッド ゼラチン(牛由来)、チキンエキスパウダー、デキストリン、ビタミンE、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有) 5kcal 0.3%

栄養成分表(完成時100gあたり)


粗たんぱく質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 カルシウム リン
チキン 2.34g 0.035g 0.0g 0.37g 0.001g 0.014g
かつお 1.75g 0.008g 0.0g 0.127g 0.001g 0.003g
ヤギミルク 1.73g 0.284g 0.0g 0.075g 0.008g 0.007g
たい 1.81g 0.006g 0.0g 0.248g 0.001g 0.003g
レッド 2.51g 0.012g 0.0g 0.34g 0.001g 0.013g

※1 主にドライフードを食べている場合の目安

Customer Reviews

Based on 4 reviews
100%
(4)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
l
lovelovecocomaru
たっぷりパック

少量ずつ(100g)ずつ作れるので便利です、

匿名
ミルク味を毎日愛用

うちの猫ちゃんは生後半年から毎日ジュレッタを食べています。
いろいろなお味を試しましたが、ミルク味に出会ってからは今やミルク味しか
食べ無くなりました。磯の香りは苦手みたい・・・
質問なのですが、毎日何年もジュレッタを与えていて大丈夫でしょうか?
何かの物質が少しずつ体に蓄積されて長期使用よりは、適宜使用にした方がよいでしょうか?うちはお水を飲まない訳ではなくおやつとして与えているのですが。

レビュー投稿、ありがとうございます!
色々な味を試した末にたどり着いた好みなんですね♪

ご質問への回答ですが、結論から申し上げるとジュレッタを長期間継続することによる健康被害はありません。
原料は全て食品素材です。
ペット栄養学の観点から、猫の食性に適した原料を厳選しております。
またシンプルな配合で、余計なものは入っていませんし今後も入れるつもりはありません。
着色料、防腐剤、合成酸化防止剤は一切使用しておりません。
品質保持に必要な酸化防止のためにビタミンEを使用しています。

お水は体の中で一番多い成分で、生命維持に欠かせない成分です。
ですから、ジュレッタ以外にも飲料水やフードなど様々な手段で水分補給を促してあげてくださいね。

今後も何かご不明な点がありましたらお気軽にお声がけください。

匿名
サイコーです

膀胱炎?になりやすい子がいるので、ジュレッタをカツオやマグロおやつと混ぜてあげるとゼリーも一緒にたくさん食べてくれてます。
他の子はサンプルで頂いたレッドの食いつきが良かったので次回からレッドも検討しようかと思っています。
鹿のスープもいただいたので試してみます!
水分補給大事ですね!

匿名
なくてはならない存在です

うちの猫は水をほとんど飲まないので食事の際に水分補給させています。
ちゅーるを水で薄めたり、ウエットフードをさらに水でふやかしたりしていますが、限りがあります。
ジュレッタは一度にたくさんの水分補給もできますし、ゼリー状なので満腹感もあり一石二鳥です。
我が家の猫にとってジュレッタはなくてはならない存在です。